WSF History / WSFの歴史

The World Shakuhachi Festival (WSF) is a four-day festival for shakuhachi aficionados from all over the world and is held on different continents approximately every four years.The first World Festival was initiated by YOKOYAMA Katsuya (1934 – 2010) and was held in 1994 in Bisei, Okayama Prefecture, Japan. Subsequently the World Shakuhachi Festivals took place in Boulder, USA (1998), Tokyo, Japan (2002), New York, USA (2004), Sydney, Australia (2008), Kyoto, Japan (2012), and London (2018).

ワールド尺八フェスティバル(WSF)は、世界中の尺八愛好家を対象にした4日間の祭りで、約4年ごとに異なる大陸で開催されます。最初のワールドフェスティバルは、横山勝也(1934年-2010年)によって開始され、1994年に日本の岡山県美星で開催されました。その後、ワールド尺八祭は、米国ボルダー(1998年)、日本東京(2002年)、米国ニューヨーク(2004年)、オーストラリアシドニー(2008年)、日本京都(2012年)、そしてロンドン(2018年)で開催されました。

WSF Texas 2025 continues the tradition established in 1994 of gathering professional and amateur performers, scholars, and enthusiasts of the shakuhachi from around the globe for a festival in the style of an international musical congress. The festival has from its beginning been a rare opportunity in which most of the top players from diverse backgrounds, styles, and guilds in shakuhachi, koto and shamisen get together and perform. The WSF has thus became an established event to listen to and learn from the leading players in the world.

WSFテキサス2025は、1994年に確立された伝統を継承し、世界中から尺八のプロやアマチュアの演奏家、研究者、愛好家を集め、国際音楽会議のスタイルの祭りを開催します。この祭りは、最初から、尺八、琴、三味線のさまざまなバックグラウンド、スタイル、ギルドから多くのトッププレーヤーが集まり、演奏する貴重な機会となっています。WSFは、世界のトッププレーヤーから聴くことや学ぶことのできる確立されたイベントとなっています。

YOKOYAMA, Katsuya 横山勝也
YOKOYAMA, Katsuya 横山勝也